(2017/1 更新)

2016/12/26の日経新聞で、

政府は「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする。企業が就業規則を定める際に参考にする厚生労働省の「モデル就業規則」から副業・兼業禁止規定を年度内にもなくし「原則禁止」から「原則容認」に転換する。

引用元:日本経済新聞

 

今まで、副業が禁止だった会社が多かったですが、政府が「原則禁止」→「原則容認」に転換することによって、民間にもそういった流れができてることと思います。

 

そもそも副業が禁止になっていない国がかなりあります。

 

プライベートな時間をどう使おうが個人の自由・・・ごもっとも。

 

これから副業をする個人は増えることと思います。

 

そうなれば、特に簡単に始められて、リスクの少ない副業は人気になること間違いなし。

 

そんな、在宅で出来て、サラリーマンに人気な副業を「始め方」を含めて紹介します。

 

ただ、これは当たり前の話ですが、リターンの大きい副業はリスクも大きいです。

 

たまに、リスクはなくて、○○するだけで、○○円以上なんて広告を目にします。

 

信用も含め、リスクが全くないのにリターンが大きいなんて話があったら、詐欺だと思った方が良いです。

 

繰り返しになりますが、リターンが大きければ、リスクも大きくなります。

 

副業の種類

 

ネット関係

 

  • クラウドソーシング
  • せどり(フリマ・オークションサイト)
  • アンケートサイト・ポイントサイト

 

投資関係

 

  • ビットコイン

アルバイトによる副業があります。

 

このサイトでは、サラリーマンが在宅でできる副業の紹介と、その副業の始め方を説明しています。

 

ただ、投資関係の副業の場合、運用する金額によって、戦略がまったく違ってきますし、リターンが大きい変わりにリスクも大きくなります。

 

ですので、多くの投資実践者の口コミも載せていますので参考にしてみて下さい。