株式投資の「い・ろ・は」

 

株式投資について、「株とは」から解説されている動画がありましたので、参考にしてみてください。

 

 

株式投資で狙う不労所得

 

株式投資で不労所得を狙うなら、

 

  1. 売却益で狙う
  2. 配当金で狙う

 

があります。

 

ただ、配当金で不労所得を狙う場合、多額の元手が必要です。

 

TOYOTAの株式で配当金を得ようとすると、

 

現時点で株価は、5,675円

 

単元株数は、100株なので、

 

最小数株を買うのに、567,500円必要で、

 

当期の配当金については、上記方針に基づき、中間配当は1株につき75円、期末配当は1株につき125円とし、年間の配当金としては1株につき200円となりました。
(注) 当期の中間配当に関する取締役会決議日 平成26年11月6日

 

と、なっておりますので、

 

100株保有で、年間20,000円の配当金.

 

1,000株保有で、年間200,000円

 

10,000株保有で、年間2,000,000円

 

200万円あれば、リタイヤ後の生活ならなんとかやっていけそうですが、

 

10,000株を購入するには、5,675万円必要です。

 

また、配当金は毎年一定額ではなく、配当金が多くなることもあれば、少なくなることもあります。

 

配当0円になることも、もちろんあります。

 

売却益で不労所得を得ようとすると、ある程度の知識が必要です。

 

簡単にいえば、「安く買って高く売る」。

 

シンプルなのですが、これが難しい。

 

どこが、安値なのか、、、

 

そこで、チャートを使って取引していくことになります。

 

チャートの見方ですが、まずはこの動画で「用語、ローソク足の読み方」など覚えて下さい。

 

 

チャートを使っての売買方法は「たくさんあります」が、まずはチャートの読み方、見方を覚えて下さい。

 

株式投資で不労所得(まとめ)

 

株式投資で、不労所得を得ようと思ったら、退職金など、まとまったお金を運用するのなら、配当金狙いも悪くはないと思います。

 

配当金狙いの場合、もちろん買う銘柄にもよりますが、リターンは小さいですが、リスクもそんなには大きくないと思います。

 

しかし、売却益を狙った取引の方が、勝てるようになったらリターンは大きいです。

 

その勝てるようになるまでが、大変なのですが、、、

 

それなりの「勉強」が必要です。

 

また、勝てるようになるまではある程度の「負け」も覚悟しなければいけません。

 

リスクもそれなりにあると言うことです。

 

あなたに「合った」株式の取引方法をみつけ、株式投資で不労所得をぜひ実現させて下さい。